税務会計系の報酬

第1 通常の税務会計サービスの報酬

http://aaccx.net/上に掲載した、規定によります。
また、同サイト上の、契約「約款」および「契約ひな型」をご参照下さい。

1 支払方法
なお、報酬の支払方法は、次の2つのルールを敷いております。
宜しくご協力のほどをお願いします。

⑴ 「期首前払い」制
⑵ 「口座自動振替」制度

2 メリット
上記1をお願いできているお客様については、

⑴ freee会計ソフト利用のお客様には、
2年目から毎年「1万円値引き」を提供しています(税込み)。

⑵ A-SaaSをご利用のお客様には、
当初から毎年「無料利用権」を提供しています。
上記1をお願いできていないお客様には、
毎年2万円(税別)の利用料支払をお願いします。

⑶ その他
上記1の支払いルールをお守り頂けないお客様には、
それぞれのサービスについて、特典をなくす規定を
おいている場合がありますので、それに引のっかかった場合は、
ご容赦下さい。

3 有料の税務申請書類
 裁判所も認める「消費税課税選択申請書」や「電子帳簿保存申請書」等については、
書類の性格上、お客様固有の判断等が介入する書類です。そのため弊社の申請請負に
ついてはは、お客様とのコンサルティングが必要です。

 それらの申請請負料は、有料でお願いしているものがあります。その規則(弊社内規)は、
当サイトの「税務会計系のプレミアムサービス報酬」のページに掲載しています。

第2 記帳代行サービスの報酬

1.受託環境(値上げの環境)について
経理代行を受託した場合、弊社(アアクスグループ(株))は、100%外注でご要望を満たします。

「経理丸投げ」への対応
経理業界として、大手を含め、「丸投げ先」が手詰まりになっています。
大変に残念な値上げを、弊社の「経理外注先」からも、突き付けられていますので、
ご理解をお願いし、何らかの対処をお願いします。

3 報酬規程(改訂版)
記帳代行は、2018年8月1日受託(前払い)に次のとおり改訂させて頂きます。
また❹項についても、弊社の外注先からの要請に応えた、大変に厳しい値上げ通告です。
御社のしかるべき、態度決定をお願いします。

  ❶重量制の料金
  一仕訳50円(税込み)を、一仕訳100円(税別)に改訂。

  ❷基本料金部分
  ひと月5,000円(税込み)を、ひと月10,000円(税別)に改訂。

  ❸受託の「ウェブ化」情報の依頼
 イ)全てのクレカ明細は、ウェブ対応。
 ロ)全ての銀行預金通帳の利用明細は、インターネットバンキングでお願いします。
 ハ)上記イ・ロ(クレカ、銀行通帳)について、
  手入力を余儀なくされる部分は、一仕訳100円(税別)は、一仕訳300円に改訂。

  ❹委託時期の遅延に係る「追加課金」
 会社法・商法では「経理は適宜行うこと」が裁判所でも判示されています。
 イ)期首から、3カ月以内の毎月の弊社送達 追加課金なし
 ロ)期首から、3~6カ月以降の「遅延」記帳代行の報酬は、上記❶~❸項について、10%増し
 ハ)期首から、7~9カ月以降の「遅延」記帳代行の報酬は、上記❶~❸項について、30%増し
 ニ)期首から、10~12カ月以降の「遅延」記帳代行の報酬は、上記❶~❸項について、100%増し

4「経理の丸投げ」が必要な御社への緊急の助言

大変に心苦しいお話ですが、次のイ)か、ロ)のいずれかの決断でお願いします。
 イ)上記各項への「弊社の料金体系」をご承認頂くか、
 ロ)記帳代行について、自社経理、または、お客様が他の記帳代行業者に処理を委託するかです。

 ハ)参考までに背景
業界的に、何か破滅的な人手不足による「役務提供の手詰まり」があります。
記帳代行サービスは、人手を使う役務提供領域の仕事です。
具体的には、経理伝票の整理、通帳の内容確認、クレカ利用明細の吟味、インターネットバンキングの内容確認、
クレカ・i-バンキングを含む経理仕訳、現金出納長の事実確認、帳簿吟味が、主な仕事です。
その多くの部分を、「経理の自動化」が解決しています。

しかし、その経理作業を「外注で請負」するとなると、
現実的には、その作業人の確保、更には高騰する人件費をどうするのかという問題です。
弊社も、それら外注先の動きに応じて、以下のとおり、料金改定をさせて頂きあす。以上